アコムの外国人審査

同業他社から見るとアコムの外国人審査に見習うべきポイントは多い筈です。

基本的にアコムでは外国人というだけの理由でキャッシングの申込を門前払いすることはありません。

アコムでは他の顧客と同様に、外国人でも審査のテーブルに載せてくれます。

只、どこの金融機関やクレジット会社でも同じですが、外国人が日本で金融サービスを受けるには日本の滞在ビザが必要です。

日本の滞在ビザには、3ヶ月の観光ビザ・1年~3年のワーキングビザ・1年~永住権の結婚ビザなどがあります。

例えば、銀行で普通預金口座を開設するだけですと、3ヶ月の観光ビザがあれば受け付けてくれます。

しかし、クレジットカードやカードローンを申込む場合には、少なくとも外国人登録証と1年以上のビザがあって定職があり定期的な収入がなければ申し込みは受け付けてくれません。

しかも、1年以上のビザがあっても業者にとっては安心できません。

例えば、消費者金融会社が外国人にカードローンで50万円の融資をしたとします。

その外国人が急に帰国して消息が解からなくなった場合、消費者金融会社は高いコストを掛けて本国まで負い掛けることはできません。

つまり、現実的には消費者金融会社は日本で再来日を待つしか無い訳です。

従って、特に消費者金融会社の外国人審査のポイントは、申込者の生活の基盤がどこに置かれているのかということです。

つまり、日本人の場合の審査と同様に、職業や収入や家族状況・住居の状況などが総合的に審査されます。

そして、日本人と結婚して子供が居る外国人や、本国から親を呼び寄せて日本で暮らしている外国人は日本人同様の審査で良いことになります。

その意味で、同業他社から見たアコムの外国人審査は、非常に理に適った審査システムと言えます。

しかし、この様なアコムの外国人審査を、同業他社が一朝一夕に真似することはできません。

利用者から見たアコムの信用情報

もともと、銀行や信販クレジット会社や消費者金融会社各社は、個別に個人の信用情報を蓄積していました。

しかし、1社が蓄積できる情報量には限りが有ります。

つまり、1社の個人信用情報は、その業者が関わった顧客の数を超えることはできないからです。

そこで、業界毎に個人信用情報を持ち寄って管理するシステムが生まれた訳ですね。

そうすれば、より多くの個人信用情報を把握することができます。

その様な発想で設立されたのが、個人信用情報機関なのです。

そして、アコムなどの消費者金融会社が共同で設立した個人信用情報機関は「日本信用情報機構」です。

また、それとは別に、全国銀行協会が運営する「全国銀行個人信用情報センター」と日本割賦協会・日本信用情報センター・全国信販協会の信用情報機関を一本化して設立された「㈱シー・アイ・シー」があります。

つまり、消費者金融会社の個人情報は「日本信用情報機構」に集約され、銀行の個人情報は「全国銀行個人信用情報センター」に集約され、信販クレジット会社の個人情報は「㈱シー・アイ・シー」に集約されているのです。

従って、利用者から見たアコムの信用情報とは、「日本信用情報機構」に集約された個人情報を意味することになります。

そして、個人の信用情報とは個人の生年月日・住所・勤務先・年収などの個人情報と、その個人が金融機関や信販クレジット会社や消費者金融会社などで利用した住宅ローン・一般ローン・無担保カードローン・クレジットカードなどの返済履歴や支払い情報の履歴を管理したものを指します。

つまり、いつどこで誰がいくら借りて、どの様な返済を行ったのかが全て記録されている訳です。

この様な個人信用情報は長い期間の積み重ねですから、ごまかしはできません。

また、延滞や金融事故を起こした場合は、少なくとも5年間は銀行や信販クレジット会社や消費者金融会社を利用することはできません。

 

アコムのローンを利用できない人ってどんな人?

アコムの審査は、貸金業法が改正する前よりは厳しくなっています。

貸金業法が改正し融資に伴う金利が変わってから、柔軟審査で誰でも借入出来たアコムでも借入に伴う審査は厳しくなっていると考えて間違えありません。

しかしながら、審査が厳しいといえどもアコムを利用出来るのが高所得者だけというものではなく、年収や職業に関係なく利用できます。
では、アコムの審査に可決しない人とはどんな人なのか?

事故情報に記録が載る人。
こうした方は、アコムのキャッシングに限らず融資を受ける事は不可能です。
例えば、自己破産を経験する場合、およそ破産後7年程度はカードをつくる事は出来ません。

また任意整理や特定調停等の債務整理も同様にカードはつくれません。

更に融資を申込む前に他融資会社での(3ヵ月前後)延滞経験がある方も情報機関にその情報が載ってしまいますので、融資を受ける事は難しくなります。

このようにアコムの融資を受けられないという方は、融資における何らかのトラブルを経験している方が主に考えられます。
ただ、この他にも借入額や借入件数が多い場合も融資を受ける事が難しく、アコムのローンへ申込んでも否決するケースが多いです。

そもそもアコムは、貸金業者なので総量規制以上の借入状況である場合は、融資を受ける事は難しいと考えなくてはいけませんし、その場合は借入をむやみに増やすよりもおまとめや借換え融資を利用し返済に伴う負担を軽減させる方法を選択する事も考えなくてはいけません。
アコムの融資を受けるためには、要は返済能力が重要なので、アコムの融資に伴う審査に通らない人とは、返済能力が疑わしいとみなされる方という事になります。

アコムは、本来年収や職業に関係なく利用できますし、他での借入に伴う利用状況が悪いという事でなければ問題なく利用できます。

つまり、アコムの審査に通らないとは、収入に安定性がないとか、融資におけるトラブルがある場合と考えます。

また、アコムへ申込む以前に複数の融資業者へ融資の申し込みを行う場合も、申込みブラックとなり、相当お金に困っているとみなされ審査は否決します。

 

アコムのマスターカード

アコムには、クレジットカードもあります。
アコムの融資は、一般にキャッシングに利用出来るカードという認識が広がっています。

ですが、アコムにはショッピングにも利用できて国内でも海外でも幅広く利用出来るカードがあります。
それがアコムのクレジットカードで、アコムのクレジットカードは最短即日にカードが発行されます。

もちろん、このクレジットカードは国内でも、海外でも利用する事が出来ます。
アコムのクレジットカードは、年会費等が一切かからないクレジットカードです。

クレジットは、通常発行には数日かかりますが、最短即日に発行されますので、申し込んだその日にカードを受け取る事が出来ます。

またアコムのクレジットカードは、利用明細書等の郵送もありませんので、内緒でアコムのクレジットカードを作りたいという方にもおススメです。
アコムのクレジットカードは、クレジットカードとしての利用はもちろんですが、キャッシングとしても利用出来るカードなので、メインカードとして色々な場面で活かすことのできるカードになります。

ショッピングの利用限度額は300万円で金利10.0%~14.6%で金利も低く、利用に際し負担なく使えるクレジットです。

申込み条件としても、20歳以上の安定した収入のある方ならどなたでも利用できますので、年収や職業に関係なく利用出来るクレジットとなります。
また、アコムのクレジットは、支払い時に1回払いやリボルビング払いと指定する必要はなく1回払いとするショッピング利用でも自動的にリボルビング払いになりますので、1回払いにしたのはいいけど、今月は1回払いでは支払いがキツイ等の心配もなく利用できます。

ただし、アコムのクレジットカードは、ボーナス一括払い等のシステムがないので、すべての利用分がリボルビング払いになると考えなくてはいけませんし、利用の際にこの辺は認識し利用してください。
いずれにしてもアコムのクレジットカードは、年会費もかからず、利用明細の郵送もないので、誰にもばれたくないという場合にも最適です。

また、急いでカードを作りたいという場合でも、アコムなら最短即日にクレジットの発行が可能なカードなので大変便利なクレジットですし、多いに色々な場面に役立ってくれるカードになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ